エムプラのHTML・JavaScript印刷する

Web標準に準拠したコーディング

私たちはWeb標準に準拠した形で制作しながらも、それ以上に修正・変更がしやすい形でのコーディングを重要視しています。
WEBサイトは作って終わりというものではありません。むしろ、効果的に運営していくことこそが最も難しくまた重要な部分です。
そうした時に、Webサイトのコンテンツを容易に素早く、そして安価で追加・変更出来ることは、ライバルサイトと比べ大きなアドバンテージとなり得ます。

JavaScriptを使ったUI

どんなに見栄えがよくきれいなWebサイトであっても、情報が見づらく分かりにくいようでは意味がありません。
いかに強く興味を喚起し、分かりやすく伝達できるかが、そのWebサイトの肝となります。
エムプラはJavaScriptを使ったUIをスクラッチで開発することが得意です。
スクラッチで開発することで、豊かな表現と柔軟な機能を提供します。
レスポンシブウェブデザインと組み合わせることで、新たなUI表現の提案が可能になりました。

レスポンシブウェブデザイン

いまやWebサイトをスマートフォンに最適化することはWebサイト構築の必須条件です。
その理由は、デバイスが多様化するにつれて、スマートフォンを使用するユーザーがPCでWebサイトを訪れるユーザーに迫りつつあるからです。
スマートフォンやタブレットに最適化するにあたり、エムプラではレスポンシブウェブデザイン化をオススメしています。
1ソースマルチデバイス対応は、SEO対策の重要なファクターになっています。

アクセシビリティ(JIS X8341-3に沿ったWEBサイト制作)

JIS X8341-3(高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ)とは、JIS(日本工業規格)が制定したWebアクセシビリティに関する日本国内の工業規格です。
規格番号が「やさしい(8341)」の語呂合わせであることからもわかるように、高齢者、障害のある人、および一時的な障害のある人などを含め、誰もが利用しやすいWebサイトを実現するために、その企画、開発、制作、保守および運用において配慮すべき事項を規定したものになります。
私たちは、Webサイトを訪れたできるだけ多くの方が快適にご利用できるよう、公的な規格であるJIS X8341-3に沿ったWEBサイトの企画・制作を行います。

パララックスウェブデザイン

ホイール付のマウスが増えてきた昨今、ページをスクロールすることのストレスはひと昔前より軽減されています。
パララックスウェブデザインは、「視差」を利用した、プロモーションページや教育系コンテンツに適したWeb表現です。
スクロールするたびに、ページ内の要素がユーザーの常識を打ち破る動作をします。スクロールすることが楽しくなるような表現にすることで、コンバージョンまで積極的にユーザーを引き込むLP(ランディングページ)などの展開が可能になります。
また、解説したい要素に特別な動作をさせたり、問答を交互に掲出させるような動作をさせることで、教育系コンテンツなどにも最適です。

次のページへ

ページトップへ